特許翻訳とはどういうものを指すのか。

特許翻訳とはどういうものを指すのか。

特許と聞くとまず多くの人は無縁だと考えられます。

自身で特許の申請をすることもありえませんからね。

特許翻訳の前にまずは特許というものがどういうものなのか理解してから勉強したほうが理解度が深まるのは間違いないでしょう。

ガチガチの理系しかわからないようなら特許ではなく誰でもわかるように特許とは何かと噛み砕いて説明いたしますので、お付き合いしていただけたら嬉しい限りです。

GTA公式HPへ

特許とは何か!?

特許とは、「発明」を保護する制度のことを言います。

特許制度は、発明をした者に対して、国が特許権という独占権を与えることで発明を保護・奨励し、かつ、出願された発明の技術内容を公開して利用を図ることで、産業の発達に寄与することを目的とします。

つまり特許は公開されることを前提に作られているのですね。

さらに付け加えると特許庁に特許出願をし、特許庁の審査をクリアしなければなりません。意外と関門は厚いです。

これをクリアすれば原則として20年間は特許権を貰えることが出来ます。

簡単に言いますと発明したものに対する利益を守るということです。せっかく苦労して作ったのにすぐに真似されたら笑えませんからね。

特許翻訳はどうするのか

もし世界全土で統一のフォーマットがあれば便利なのですが、特許はその国に対して出願します。

ですので、日本なら日本語、アメリカなら英語とわける必要性があります。

さらに特許というのは公的な側面がとても強いため言い回しが一般的な日本語とは違います。公的な文書ですから仕方ないですね。

翻訳するときもこの言い回しに気をつけて翻訳しないといけません。

しかし言い回しが特徴的ということはある程度慣れてくるとコツがつかみやすいという特徴でもあります。

そのためやりやすいという側面があります。

日本語の理解も大切

特許は言い回しが独特のために日本語の理解が地味に難しかったりします。

ここがクリア出来ればあとはそこまで難しくはならないです。

どこまで慣れることが出来るかということが問題となりますね!

特許翻訳は難しいようで簡単

日本語で理解していくのは中々骨のある作業だと思います。

技術的な背景とかも理解しておかないと大変なことになりますし、意味がわからなくて翻訳が出来なくなってしまいます。

ただし慣れると翻訳のパターンがわかりやすいので簡単とも言えるでしょう。

自由度がない翻訳にはなりますが、翻訳する部類としては難しくはありません。

GTA公式HPへ TOPページを見る